041. パーキンソン病を遅らせるDASH食

こんにちは!『cultiba(クルティバ)』オリーブオイルの竹本です。

 

“味わう人”と“もてなす人”へ、オーガニックオリーブオイルを作って販売して、『人と環境にやさしい最高の食生活』をお届けしています。

 

今回は『地中海食とパーキンソン病』について。

約1分で読めます。

 

*** 

 

地中海食と高血圧予防のDASH食を組み合わせたMIND食は、アルツハイマー病および認知機能低下の予防に関連しているが、パーキンソン病(PD)の文脈では十分に評価されていません。

本研究の目的は,MIND食のアドヒアランスが地中海食よりも優れた形でパーキンソン病の発症年齢と関連するかどうかを明らかにすることである。

 

方法:PD患者167名と対照者119名の食物摂取頻度調査票を用いて、MINDと2バージョンの地中海食のアドヒアランスを採点した。

スコアは性別および疾患サブグループ間で比較し、PD食アドヒアランスは単変量および多変量線形モデルを用いて発症年齢と相関させた。

 

結果:女性サブグループは男性サブグループよりもMIND食をより忠実に守っており、食事のスコアは疾患の状態によって変化しなかった。

女性サブグループでは、発症年齢の遅さがMIND食のアドヒアランスと最も強く相関しており、食事量の少ない層と多い層では最大17.4年の差(P < 0.001)があった。

また、ギリシャ式地中海料理のアドヒアランスも、すべてのモデルでPD発症の遅さと有意に関連していた(P = 0.05-0.03)。

逆に、男性では、ギリシャ式地中海料理のアドヒアランスだけが、すべてのモデルで発症時期の遅さと相関しており、その差は最大で8.4年であった(P = 0.002)。

 

結論:PDの発症年齢と食習慣の間に強い相関関係が認められ、栄養戦略がPDの発症を遅らせるための有効な手段となることが示唆された。

MIND and Mediterranean Diets Associated with Later Onset of Parkinson's Disease
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33404118/

***

 

※告知:『cultiba(クルティバ)』オリーブオイル

ぜひ、メインオイル候補として“箱(6本入)”でお試しください!経験上、数ヶ月間で、高品質の基準を体得できる上、毎日の #おうちごはん が一層美味しく楽しくなります。 #おうちごはんの上

“数十万円”をかけて講義を受けるよりも、実践的に味覚が養われる方法として、おすすめです。良質な脂質は、美容と健康にも欠かせません。その良し悪しを自分で判断できると、悪質な脂質から身を守れるため、安心です。

ちょっとしたギフト利用にも。

 

Ooobb.online(ウーブオンライン)

竹本(たけもと)

味わう人もてなす人へ、『人と環境にやさしい最高の食生活を』~