042. 妊娠糖尿病に効果的なビタミンD

こんにちは!『cultiba(クルティバ)』オリーブオイルの竹本です。

 

“味わう人”と“もてなす人”へ、オーガニックオリーブオイルを作って販売して、『人と環境にやさしい最高の食生活』をお届けしています。

 

今回は『妊娠糖尿病に対する栄養素と地中海食』について。

約1分で読めます。

 

*** 

 

地中海食は、妊娠性糖尿病(GDM)をはじめとする多くの疾患の予防に有効な食事パターンです。

近年、多くの研究がGDMリスクの修正可能な要因として、妊娠中の栄養因子に注目している。

 

目的:栄養素の摂取量と地中海食の食事パターンとGDMリスクとの関連を調べること。

本研究は、GDMの妊婦(n=60)と対照群(n=60)のN=120人を対象に行われました。食生活は、食歴法と有効な食物摂取頻度調査票によって評価し、地中海食の遵守度を測る地中海食スコアを算出しました。

 

結果:妊娠糖尿病のある妊婦では46.7%、妊娠糖尿病のない妊婦では38.8%に地中海食スコアの低さが認められ、有意な差はありませんでした。

今回のデータでは、地中海食のアドヒアランスが高いほど、空腹時血糖値と負荷後2時間の血糖値が低くなることがわかりました。これらの知見は、調査した2つのグループに関するものでした(P < 10-3)。

また、対照群では、豆類、野菜、魚の摂取量が有意に多かったことにも注目しました。

一価不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸の摂取量は、対照群のほうが有意に多かった(2.3±0.8対1.7±0.7、P<10-3)。GDM患者は、乳製品とシリアルの消費量が有意に多かった(P < 10-3)。

交絡因子の調整後、ビタミンDの摂取量(OR 0.29 [0.15-0.54]、P < 10-3)が予防効果を示した以外は、どの栄養素も妊娠糖尿病の発症リスクと関連していなかった。

 

結論:今回の研究では、妊娠中の十分なビタミンD摂取の重要性が強調され、地中海食が妊娠糖尿病の発症を抑制する可能性が示唆された。

 

Impact of nutrients and Mediterranean diet on the occurrence of gestational diabetes
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34024269/

***

 

※告知:『cultiba(クルティバ)』オリーブオイル

ぜひ、メインオイル候補として“箱(6本入)”でお試しください!経験上、数ヶ月間で、高品質の基準を体得できる上、毎日の #おうちごはん が一層美味しく楽しくなります。 #おうちごはんの上

“数十万円”をかけて講義を受けるよりも、実践的に味覚が養われる方法として、おすすめです。良質な脂質は、美容と健康にも欠かせません。その良し悪しを自分で判断できると、悪質な脂質から身を守れるため、安心です。

ちょっとしたギフト利用にも。

 

Ooobb.online(ウーブオンライン)

竹本(たけもと)

味わう人もてなす人へ、『人と環境にやさしい最高の食生活を』~