055. 減量の基本は恒常的にマイナスなエネルギーバランス

 

こんにちは!『cultiba(クルティバ)』オリーブオイルの竹本です。

 

オリジナル オーガニック オリーブオイルで『人と環境にやさしい最高の食生活』をお届けしています。

 

今回は『肥満における減量』について。

約1分で読めます。

 

*** 

 

肥満症の治療には、生活習慣の改善を含め、食事療法と薬理学的な薬剤の組み合わせが数多く登場している。

多くの臨床試験が行われ、動物モデルを用いて体重管理や肥満症の併発に関する生理学的メカニズムが研究されているにもかかわらず、さまざまなアプローチの有効性についてはいまだに曖昧さが残っている。

ここでは、有望な食事療法と薬理学的補助療法に関する最新情報を紹介する。

 

2005年以降に発表された文献をPubMed、Medline、Google scholarで検索した。

推奨されている食事療法には、低脂肪食(LF)、低炭水化物食(LC)、地中海式ダイエット、断食などがありますが、いずれも食物繊維を十分に摂取することで最適化されると考えられています。

減量のための基本的なポイントは、恒常的にマイナスのエネルギーバランスになるような食事を採用することであり、食事を長く続けることが重要な要素です。

薬理学的には、2型糖尿病やインスリン抵抗性の肥満患者には、GLP-1アゴニスト(セマグルチドなど)を併用したLCダイエットが有効であると考えられています。

リパーゼ阻害剤であるオルリスタットは、低脂肪食を維持するために現在も使用されており、これは高コレステロール血症などの場合に有効である。

bupropionとnaltrexoneの併用は、過食の悪循環を断ち切るのに有効である。減量に成功すると、肥満症の併存疾患のほとんどすべてのバイオマーカーが改善されるようである。

具体的な戦略の裏付けが得られるまでは、臨床家は、個人のニーズや併存疾患に合わせたライフスタイルを提案し、必要に応じて薬剤の併用を行うべきである。

食生活の違いは、ホルモン分泌、腸-脳間のシグナル伝達を変化させ、空腹感、満腹感、エネルギー消費に影響を与える可能性があります。

そのメカニズムを明らかにし、そうした知識を体重管理にどのように活用できるかについては、さらなる研究が必要である。

 

Diets and drugs for weight loss and health in obesity - An update
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34082399/

 

***

 

 

『cultiba(クルティバ)』オリーブオイル

 

ぜひ一本、ご家庭のメインオイル候補としてお試しください。

美容と健康に欠かせない良質なオイルを、毎日の #おうちごはん で、一層楽しく、美味しく摂れるようになります。

 

Ooobb.online(ウーブオンライン)

竹本(たけもと)

味わう人もてなす人へ、『人と環境にやさしい最高の食生活を』~