【⑦容器編】新米オリーブオイルソムリエの、ご近所さんでの“個人的な”オリーブオイルの選び方

私、まだまだ未熟な新米オリーブオイルソムリエなわけですが、個人的に、ご近所さんで一本を選ぶとすると、どんなポイントを見るだろうと思いまして、改めて整理しています。

今回は【⑦容器編】です。

 

まずプラスチックは避けましょう。プラスチック特有の臭いがオイルにうつるので、風味を楽しむオリーブオイルとしては致命的です。さらに空気を通しますので酸化リスクを高めることになります。

缶もしくはガラス瓶がおすすめになるのですが、より遮光性に優れる缶は使い勝手が悪いため、通常大容量のオイルに使われ、近所のお店には使い勝手の良いガラス瓶が並びます。

ではガラス瓶の中で考えると、透明よりは遮光瓶がいいのですが、普段棚の中で保管することを考えると、クリアのまま棚に並ぶものはNGですが、クリアボトルだけど箱に入っているものは良いとなります。ボトルの種類より、中身の品質が大切です。

中身の品質を考えると、1ヶ月程度で使い切れるサイズを選ぶことが大切でもあります。これは品質により全く異なるのですが、目安です。低品質であれば、1ヶ月も経つと既に傷んでいることが往々にしてありますが、高品質なものでも、100%のポテンシャルを発揮できる期間は1ヶ月程度かなと捉えています。高品質であれば、開栓後に数ヶ月、半年と経っても十分美味しいですが、オイルは長持ちさせるより、高回転させる方がスマートなので、総合的な判断として1ヶ月が目安になります。

オイルの品質とは別の観点ですが、柄の長いボトルがあると、一度試して欲しいです。弊社もそのタイプを採用しているのですが、これが見た目もエレガントな上に、注ぎやすくて、使っていて気持ち良いです。

ついでに、外観からじゃ見分けがつきませんが、開栓後は中栓にも注目です。どばーっと出ちゃうものはハズレ、少しずつ出るようにコントロールされたものはアタリです。風味の好みはもちろん、デザインや注ぎやすさも含めて、楽しいオリーブオイルと出会えることを願っています。