B4. カロリーとダイエットの正しい見解

エキストラバージンオリーブオイルは、心地よい風味、抗酸化作用、健康効果を持つ最高の食用オイルです。

エキストラバージンオリーブオイルは、一価不飽和脂肪酸の含有量が最も多いオイルの一つであり、一価不飽和脂肪酸の摂取は体内の総コレステロール値を低下させ、心臓病のリスクを下げる効果があると、研究されています。エキストラバージンオリーブオイルには、脂溶性のビタミンEとビタミンKも豊富に含まれており、オリーブオイルの主な健康効果の1つである抗酸化作用がよく指摘されています。

 

▼栄養成分

クルティバオリーブオイル大さじ1杯(14g)には、以下のような栄養成分が含まれています。

熱量 126
たんぱく質 0g
脂質 14g
 -飽和脂肪酸 2.1 g
 -一価不飽和脂肪 10.5 g
 -多価不飽和脂肪 1.4 g
 -トランス脂肪酸 0 g
コレステロール 0 g
炭水化物 0 g
 -糖質 0 g
  -糖類 0 g
 -食物繊維 0 g
食塩相当量 0 g

 

脂質は、三大栄養素として、健康的な食生活に欠かせないものですが、エキストラバージンオリーブオイルは最も健康的な脂質です。

脂質はエネルギー源となり、細胞の成長や栄養素の吸収を促進し、重要なホルモンを作り出すため、健康的な食生活には欠かせません。エキストラバージンオリーブオイルは、健康に良い一価不飽和脂肪が主成分であるだけでなく、ポリフェノールと呼ばれる抗酸化物質を多く含むオイルでもあります。エキストラバージンオリーブオイルは、あらゆる脂質の中で最も健康的なものであると言えるでしょう。

 

 ▼オリーブオイルのカロリー
オリーブオイルは100%脂肪で、大さじ1杯当たり126キロカロリーです。オリーブオイルのカロリーは、キャノーラ油などの植物性油脂やバターなどの動物性油脂と同じです。

オリーブオイルのカロリーが気になる人は多いと思いますが、研究によると、すべてのカロリーが必ずしも同じではないことがわかっています。

1950年代にロンドンのミドルセックス病院で行われた有名な研究では、太った患者を対象に一連の食事療法がテストされました。高炭水化物食の患者は、限られたカロリーを与えられても、常に体重が増加または維持された一方で、高脂肪食を摂取した患者は、カロリーを過剰に摂取した場合でも、他のどの食事よりも大幅に体重が減少したと報告されています。

ボストン小児病院では、減量に成功した後、どのような食事が減量後の体重を維持するのに役立つかを研究しました。その結果、低脂肪食は体重の増加を招く一方で、脂質の割合が中程度以上の食事は、エネルギー消費量を増加させ、食後の血糖値の上昇を抑える効果もあり、持続的な減量を目指す人にとっては、低脂肪食よりも中程度以上の脂質を摂取できる食事の方が望ましいことが分かりました。

 

▼体重を増やさないために
太る原因は、カロリー過多だけではありません。エキストラバージンオリーブオイルを食生活に取り入れることで、脂肪を蓄積させる他の要因に対抗することができます。

エキストラバージンオリーブオイルを食生活に取り入れることで、体に必要な栄養素と健康的な脂質を摂取することができ、清涼飲料水やクッキー、パンなどの栄養価の低い食品を食べたいという欲求を抑えることができます。

栄養価の高いエキストラバージンオリーブオイルを、野菜やタンパク質と一緒に摂ることで、体重増加につながる糖質や穀物の過剰摂取を防ぐことができます。

水素添加された精製植物油に含まれる人工的なトランス脂肪酸は、体内の様々な生化学的プロセスを阻害し、深刻な健康問題や体重増加の原因となります。エキストラバージンオリーブオイルを使用することで、トランス脂肪酸の悪影響を軽減することができます。

抗酸化作用を期待してエキストラバージンオリーブオイルを愛用している方も多いと思いますが、それ以上に、エキストラバージンオリーブオイルの栄養価の高さは、満腹感や満足感をもたらします。体に必要な健康的な脂質を摂取し、エキストラバージンオリーブオイルの摂取量を増やすことで、より長時間にわたって満腹感を得られ、食べ過ぎを防ぐことができるという研究結果が出ています。

 

*本コンテンツは意見であり、情報提供および教育のみを目的としています。本コンテンツは、医療上のアドバイスを提供するものではなく、また、医師による医療上のアドバイスや治療に代わるものでもありません。本コンテンツをご覧になった方は、特定の健康に関する質問について、医師または資格を有する医療専門家に相談されることをお勧めします。本コンテンツに掲載されている情報を読んだり、それに従ったりすることで生じる可能性のある健康被害については、本コンテンツの発行者は一切責任を負いません。本コンテンツをご覧になる方、特に処方薬や市販薬を服用されている方は、栄養、サプリメント、生活習慣などに関わる新たな取り組みを始められる前に、必ず医師にご相談ください。