038. 心血管疾患予防にオリーブオイル習慣

こんにちは!『cultiba(クルティバ)』オリーブオイルの竹本です。

 

“味わう人”と“もてなす人”へ、オーガニックオリーブオイルを作って販売して、『人と環境にやさしい最高の食生活』をお届けしています。

 

今回は『オリーブオイルと心血管疾患の予防』について。

 

約1分で読めます。

 

*** 

 

本レビューは、オリーブオイルの摂取と心血管疾患(CHD、脳卒中、末梢動脈疾患)との相関性に関する最新の臨床データに焦点を当てています。

オリーブオイルには、一価不飽和脂肪、数種の抗酸化フェノール、その他の微量栄養素が含まれており、酸化ストレス、内皮機能障害、炎症、血栓症、血圧、脂質・糖質代謝の改善を介して、心血管保護作用を発揮する。

オリーブオイル、特にフェノール系抗酸化物質を豊富に含むエクストラバージンオイルの習慣的な摂取は、冠状動脈性心臓病(CHD)の予防につながると言われています。

オリーブオイルによる心臓保護作用は、最近行われた米国の2つの大規模な前向きコホート研究の分析結果でも裏付けられており、オリーブオイルの摂取量が多いほど、24年間の追跡調査後のCV罹患率および死亡率のリスクが低いこと、乳脂肪、マーガリン、バター、マヨネーズを同量のオリーブオイルに置き換えるとCVリスクが有意に低下することが示されている。

オリーブオイルの摂取とCV疾患のリスク低下との関連性は明らかであり、医療政策立案者と医師は、これらの関連性を認識し、個人のCVリスクを最小化するために、一次予防と二次予防の両方の場面でオリーブオイルの摂取を促進すべきである。


Olive Oil Intake and Cardiovascular Disease Prevention: "Seek and You Shall Find"
https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33961163/

***

 

※告知:『cultiba(クルティバ)』オリーブオイル

ぜひ、メインオイル候補として“箱(6本入)”でお試しください!経験上、数ヶ月間で、高品質の基準を体得できる上、毎日の #おうちごはん が一層美味しく楽しくなります。 #おうちごはんの上

“数十万円”をかけて講義を受けるよりも、実践的に味覚が養われる方法として、おすすめです。良質な脂質は、美容と健康にも欠かせません。その良し悪しを自分で判断できると、悪質な脂質から身を守れるため、安心です。

ちょっとしたギフト利用にも。

 

Ooobb.online(ウーブオンライン)

竹本(たけもと)

味わう人もてなす人へ、『人と環境にやさしい最高の食生活を』~