学術的に認められている高い栄養価

栄養価の高いエキストラバージンオリーブオイルには様々なポリフェノール化合物が含まれています。

オレイン酸を主成分とし、脂肪酸バランスが優れていることに加えて、これらの化合物により、"抗酸化作用、抗炎症作用、抗がん作用、抗菌作用、血糖降下作用、血管拡張作用、血圧降下作用 "など、健康に役立つ様々な効果が発表されています。

1. カロリー制限と同様の効果をもたらす
エキストラバージンオリーブオイルに含まれる植物ポリフェノールには、カロリー制限による体への影響とよく似た特性があります。具体的には、サーチュインという、細胞の健康を制御するタンパク質の活性度に影響を与えます。カロリー制限は、寿命を延ばし、加齢に伴う病気のリスクを減らすなど、多くの有益な効果を示しています。

2. 炎症を抑え、関節リウマチの症状を和らげる
エキストラバージンオリーブオイルは、全身の炎症を抑える効果があることがわかっています。炎症は、様々な慢性疾患の要因として知られているため、エキストラバージンオリーブオイルに含まれるオレオカンタールは、炎症を引き起こす特定の酵素の活動を抑制することで、健康状態の改善に役立ちます。

エキストラバージンオリーブオイルは、関節リウマチに伴う痛み、炎症、酸化ストレスを軽減することを示唆する研究もあります。また、魚油を摂取している患者さんは、食事にエキストラバージンオリーブオイルを補うことで、さらに有意な改善が見られました。

3. 癌の予防にも効果的
エキストラバージンオリーブオイルに含まれるポリフェノールは、がん細胞の増殖を抑え、かつ死滅させる効果があることがわかっています。エキストラバージンオリーブオイルのポリフェノールは、健康な細胞を傷つけることなく、特に乳がん細胞に効果的であると考えられており、また、皮膚がん細胞を死滅させる可能性もあると考えられています。

4. 体を修復し、老化を防ぐ
エキストラバージンオリーブオイルのポリフェノールは、死んだ細胞を除去して新しい細胞を作るシステムである、オートファジー(自食作用)を刺激することから、植物性フェノールは神経変性に対する強力な武器になり、老化や、がんを含む加齢関連疾患の予防につながると考えられています。

5. アミロイド症への進行を阻害する
アミロイド症の兆候は、糖尿病やアルツハイマー病などの神経変性疾患と相関関係があります。ある研究では、エキストラバージンオリーブオイルを使用した人と使用しなかった人では、認知機能の低下の可能性が減少したと報告され、エキストラバージンオリーブオイルを使用している集団では、脳卒中の発症率が低く、心血管疾患や新血管疾患関連死亡率のリスクが低いこともわかりました。

6. 心血管の健康を改善
多くの研究により、エキストラバージンオリーブオイルが心血管の健康に非常に有益であることが分かっています。エキストラバージンオリーブオイルに含まれるポリフェノールは、心臓病のリスクを低下させ、悪玉コレステロール値(LDL)だけでなく、総コレステロール値も低下させ、動脈のプラーク形成を予防します。

また、ある研究によると、エキストラバージンオリーブオイルを定期的に摂取することで、高血圧症に対する治療薬の量を減らすことができると結論づけています。

7. 肥満の改善
いくつかの植物性フェノールは、肥満に関連する症状を改善する効果があります。エキストラバージンオリーブオイルのポリフェノールを摂取すると、細胞の機能を適切に調整することで、食事量や脂肪組織の蓄積を減らすことができ、肥満に関連する炎症の抑制にもつながります。

肥満は、心血管疾患や2型糖尿病と高い相関関係があります。エキストラバージンオリーブオイルに含まれるポリフェノールは、脂肪代謝とインスリン感受性を改善し、血糖値を整える効果があることがわかっています。

通常、体は脂肪細胞と呼ばれる細胞に脂肪を蓄えます。肥満の方は、エキストラバージンオリーブオイルを摂取することで、脂肪細胞以外の組織に脂肪酸が蓄積される際の脂肪毒性や細胞死を防ぐことができます。

また、エキストラバージンオリーブオイルは、酸化ストレスを緩和し、炎症反応を改善することで、メタボリックシンドロームに関連する肝臓の健康状態を改善し、非アルコール性脂肪性肝疾患を予防することができます。

8. 抗菌作用がある
オリーブオイルは、潰瘍や胃がんに関連する細菌を破壊するという研究結果があります。ヘリコバクターピロリ菌は、抗生物質に耐性を持っています。エキストラバージンオリーブオイルは、抗生物質に耐性のあるものも含めて、すべての菌株を根絶することができました。

9. うつ病のリスクを軽減する
研究によると、栄養価の高い食事の一部としてエキストラバージンオリーブオイルを摂取することで、うつ病のリスクを軽減することができます。この効果は、うつ病リスクと相関性のあるトランス脂肪酸を摂取することと比較すると、より顕著となります。

10. エピジェネティック療法
エピジェネティック療法は、食生活で摂取する栄養素が、遺伝子の発現をどのように変化させるかを研究する新しい科学分野である。昔から言われている「あなたは食べたものでできている」と同じように、植物ポリフェノールを豊富に含む食事は、がんなどの病気を予防するだけでなく、誤った生物学的プロセスや老化そのものを抑制することが科学的に明らかになりつつあります。

 

<HEALTH BENEFITS>

記事①最も風味豊かな調味料と他のオイル

記事②学術的に認められている高い栄養価

記事③特筆すべき栄養素

記事④カロリーとダイエットの正しい見解

*目次ページはこちら

 

*本コンテンツは意見であり、情報提供および教育のみを目的としています。本コンテンツは、医療上のアドバイスを提供するものではなく、また、医師による医療上のアドバイスや治療に代わるものでもありません。本コンテンツをご覧になった方は、特定の健康に関する質問について、医師または資格を有する医療専門家に相談されることをお勧めします。本コンテンツに掲載されている情報を読んだり、それに従ったりすることで生じる可能性のある健康被害については、本コンテンツの発行者は一切責任を負いません。本コンテンツをご覧になる方、特に処方薬や市販薬を服用されている方は、栄養、サプリメント、生活習慣などに関わる新たな取り組みを始められる前に、必ず医師にご相談ください。