特筆すべき栄養素

▼オレイン酸(一価不飽和脂肪酸に分類されるn-9系脂肪酸)
エキストラバージンオリーブオイルは、主に一価不飽和脂肪酸で構成されているオイルで、オイルの最大75%がオレイン酸で構成されています。オレイン酸は、人間の健康にとって非常に重要であり、多くの臓器に存在しているが、特に脳に含まれている主要な脂肪酸になります。そして実際に、エキストラバージンオリーブオイルは、オレイン酸の最も優れた供給源です。

オレイン酸については多くの研究が行われており、体内のすべての細胞に重要な栄養を供給し、細胞の健康を増進し、早期の細胞死を防ぐのに重要な役割を果たしていることが広く理解されています。オレイン酸は、悪玉コレステロール値を下げ、善玉コレステロール値を維持することが知られており、コルチコステロイドを体内で利用しやすくすることで、炎症を抑える効果もあります。また、がん予防にも役立つと言われています。

オレイン酸には多くの利点がありますが、それに加えて、抗酸化作用を持つ化合物であるトコフェロールの保護効果を高める作用があることも指摘されています。

 

▼抗酸化物質とフリーラジカル
りんごを切ると、酸化の過程を経て、茶色く変化する様子を見たことがあると思います。酸化は誰にでも起こる自然なプロセスなのです。通常の代謝プロセス、つまり呼吸をしてエネルギーを得る際に起こる化学反応において、体内の酸素分子は電子を失い、フリーラジカルと呼ばれる物質になります。この不安定な酸素分子は、新しい電子を探して完全な状態にします。金属では、この酸化プロセスによって錆が発生し、酸化したリンゴの果肉が茶色になるのと同様です。

フリーラジカルが体内の健康な細胞と結合すると、活性酸素と呼ばれる化合物が生成されます。これらの化合物は、体の構成要素である脂肪酸、タンパク質、DNAまでも傷つけ、破壊してしまいます。フリーラジカルが過剰に発生した体は、酸化ストレスを受けていると考えられ、さまざまな病気の原因となるだけでなく、老化のプロセスを早めることにもなります。

残念ながら、体内でフリーラジカルが生成されるのは代謝過程だけではありません。放射線、大気汚染、工業的な化学物質などの外部要因も、体内でのフリーラジカルの生成を促進します。しかし幸いなことに、この地球上には抗酸化作用を持つ天然物質が数多く存在しています。

抗酸化物質は、安定した分子を提供することで、危険なフリーラジカルに電子を与え、健康な細胞に悪影響を及ぼさないようにして、身体の健康を改善します。抗酸化物質は、すでに発生している活性酸素の活動を抑制することもできます。これらにより、細胞の損傷を遅らせ、さらにはくい止めることができます。

体内ではフリーラジカルを除去する酵素が生成されてはいますが、抗酸化物質の主な供給源は食事です。抗酸化作用のある脂溶性化合物がビタミンEです。

 

▼ビタミン
ビタミンE
αトコフェロールは、エキストラバージンオリーブオイルに含まれる主なビタミンEです。大さじ1杯のエキストラバージンオリーブオイルから約2ミリグラムのビタミンEを摂取することができ、これはビタミンEの1日の推奨摂取量の約30%に相当します。

ビタミンEには抗炎症作用があり、心臓病の発症率を低下させ、女性の心血管疾患による死亡率を低下させる可能性があるとされ。ビタミンEがアルツハイマー病の進行を防ぐことに役立つとも示唆されています。

ビタミンK
エキストラバージンオリーブオイルに含まれるもう一つの主なビタミンは、ビタミンKです。オリーブオイル大さじ1杯には、1日の推奨摂取量の約10%のビタミンKが含まれています。研究によると、ビタミンKは血液凝固を助ける重要な栄養素です。また、ビタミンKは骨の健康を改善し、骨粗しょう症の予防にも役立つとされています。ビタミンKは、脳、心臓、肝臓、膵臓、骨など、多くの主要器官に存在します。

エキストラバージンオリーブオイルは、これら2つの重要なビタミンの供給源であるだけでなく、天然のポリフェノールを豊富に含んでいるため、健康面でも非常に優れています。

 

▼ポリフェノール(自然界の強力な抗酸化物質)
エキストラバージンオリーブオイルは、他の食用油脂には含まれない貴重な抗酸化物質であるポリフェノールを含む天然果汁です。エキストラバージンオリーブオイルに含まれるポリフェノールが、地中海食を日常的に摂っている人の心臓病の発症率の低さに関係していると考えられています。

オリーブオイルのフェノール濃度は、いくつかの条件に左右されます。

①栽培品種
②熟成段階
③環境要因(標高、栽培方法、灌水)
④収穫からの時間
⑤粉砕・練り込み (熱、加水、時間)
⑥圧搾・分離(圧力、遠心分離システム)。
⑦貯蔵条件

エキストラバージンオリーブオイルに含まれる主なポリフェノールは、以下の通りです。

オレウロペイン
苦味の原因であるオレウロペインは、オートファジー(傷ついた細胞を除去して新しい健康な細胞を再生するプロセス)を促進することが知られています。これにより、エキストラバージンオリーブオイルは神経変性に対する強力な武器となります。

オレアシン
オレアシンは、抗酸化作用、抗炎症作用、抗菌作用があるだけでなく、心血管疾患の予防にも役立つことが研究で示されています。また、抗増殖作用(がん細胞の成長と増殖を抑制する作用)があると考えられています。

オレオカンタール
エキストラバージンオリーブオイルの辛味(喉の奥が焼けるような感覚)の原因であるオレオカンタールは、イブプロフェンに似た非ステロイド系抗炎症剤であることが証明されています。また、オレオカンタールは、がん細胞を死滅させることが証明されています。

 

▼ポリフェノールの含有量の多さ
心血管疾患や高血圧症の方で、ポリフェノール含有量の多いエキストラバージンオリーブオイルを摂取するグループと少ないエキストラバージンオリーブオイルを摂取するグループとを比較すると、ポリフェノール含有量の多い方がより良い検査結果が得られました。エキストラバージンオリーブオイルに含まれるポリフェノールの量は、時間の経過とともに自然に減少するため、ポリフェノール含有量の多いオイルは保存期間が長くなります。

一価不飽和脂肪酸の割合が高く、ポリフェノールが豊富なエキストラバージンオリーブオイルは、酸化しにくいため、加熱しても発がん性成分が発生しにくくなります。

エキストラバージンオリーブオイルを使った料理
一般的なイメージとは異なり、エキストラバージンオリーブオイルは料理に最適で、地中海沿岸では主な調理用オイルとして使用されています。一般的に、フライパンでの炒め物や揚げ物は、エキストラバージンオリーブオイルの平均的な発煙点とされる約190°C以下の温度で行われます。実際、高温で加熱しても、オリーブオイルはその栄養成分のほとんどを維持しています。酸度が低く、ポリフェノールを多く含む高品質のエキストラバージンオリーブオイルの煙点は約210℃と、はるかに高くなります。

さらに、エキストラバージンオリーブオイルで野菜を調理すると、植物性フェノールの人体への吸収率が高まることが証明されています。地中海食の良さは、オリーブオイルを抜きにしては語れません。人類が最初に栽培した植物のひとつ、オリーブから生まれたこの完全な天然物は、地球上で最も健康的で有益な食品のひとつであることが証明されています。

また、官能をくすぐるアロマも、エキストラバージンオリーブオイルの魅力です。

 

<HEALTH BENEFITS>

記事①最も風味豊かな調味料と他のオイル

記事②学術的に認められている高い栄養価

記事③特筆すべき栄養素

記事④カロリーとダイエットの正しい見解

*目次ページはこちら

 

*本コンテンツは意見であり、情報提供および教育のみを目的としています。本コンテンツは、医療上のアドバイスを提供するものではなく、また、医師による医療上のアドバイスや治療に代わるものでもありません。本コンテンツをご覧になった方は、特定の健康に関する質問について、医師または資格を有する医療専門家に相談されることをお勧めします。本コンテンツに掲載されている情報を読んだり、それに従ったりすることで生じる可能性のある健康被害については、本コンテンツの発行者は一切責任を負いません。本コンテンツをご覧になる方、特に処方薬や市販薬を服用されている方は、栄養、サプリメント、生活習慣などに関わる新たな取り組みを始められる前に、必ず医師にご相談ください。